表紙亜門

434: 2016/12/29(木) 00:01:35.30
グールの耐久度バラつきありすぎ
胴体ふっ飛ばしても死なない奴との違いは何だよ


436: 2016/12/29(木) 00:06:13.66
>>434
Rc細胞の量


447: 2016/12/29(木) 03:39:57.95
腹貫かれても腕切られても軽傷で済むクインクスって神だわ量産しよう
クインクス

 



451: 2016/12/29(木) 08:40:34.48
>>447
しらず君ってノロの一撃で死んじゃったけど
ナッツクラッカーの天井からの攻撃食らったときのほうが
どう見ても更に上の致命傷だったんだよなあ
上のほうにも書いてあるけどこの漫画の登場人物の耐久力よくわかんね(´・ω・`)
不知 (7)


453: 2016/12/29(木) 08:52:48.60
>>451
赫子って確か毒があるんだっけ?
多分、ノロの赫子の毒の方が、ナッツクラッカーのよりも強いからそうなったんじゃね


455: 2016/12/29(木) 09:00:42.09
>>453
ノロは鱗赫なので不知は羽赫との相性は普通
ナッツの分離赫子は甲赫なので不知にはこうかはばつぐんだ
まぁ尾赫の六月が羽赫の白滝の攻撃くらってもほとんどダメージ受けてなかった辺り赫子の相性設定はもう無くなってるみたいだが
六月


458: 2016/12/29(木) 09:07:06.45
>>455
ナッツの分離は尾赫だよ


465: 2016/12/29(木) 09:21:02.46
>>455
>>458じゃないの?

それと、同じ種類の赫子でも毒の強弱があるとか考えられる。
それでノロ赫子>>>ナッツ赫子ってだけじゃない?

まあ、3行目見てたら、『所詮漫画だからそこまで考えて無い』って考えた方が良い気もしてくる。


506: 2016/12/29(木) 13:19:49.58
>>455
それ見るに相性設定がなくなってるというよりは、Qsには相性の概念がないんじゃないか?


523: 2016/12/29(木) 16:41:25.97
>>455
ノロは尾赫だぞ
思い込みは良くない


454: 2016/12/29(木) 09:00:34.00
Rc細胞枯渇しかけてたんじゃね?
ノロを追い込むまでの攻撃ってなるとそうとうなもんだろうし
まぁそのへんはノリで楽しめばいいんよ


459: 2016/12/29(木) 09:09:54.53
赫者になるとRc細胞が変化するみたいだし
毒性(相性)も変化するんじゃない?

六月はトルソーの赫子みたいのだしてたし
金木の1/4赫者のときヤモリの赫子をだしてたようなものかも


461: 2016/12/29(木) 09:12:46.37
赫子のじゃんけん設定は必要だったのか
設定が大して活かされていない気がw
data03_2


467: 2016/12/29(木) 09:31:42.28
強い羽赫は普通に甲赫を貫通するし
強い尾赫からしたら弱い羽赫は豆鉄砲
ポケモンでもレベルや各数値で相性なんて覆るさ


470: 2016/12/29(木) 09:38:45.91
かぐねの相性って状況的なものなんじゃないの?
スタミナ切れが早いから粘り強いのには弱いとか、鈍重だから手数に弱いとか、防御が薄いから一発に弱いとかさ
炎は水に弱い、というのとは違うのでは?


474: 2016/12/29(木) 09:43:21.24
>>470
そっちの相性は訓練や経験でどうにかなるみたいね


471: 2016/12/29(木) 09:41:36.94
一応相性がいいと毒みたいなのが作用するとかあった。
赫子毒


472: 2016/12/29(木) 09:41:38.85
それ+毒
ただ序盤でキレたカネキが馬糞先輩半殺しにしたり
カネキ食ったあとのトーカが月山圧倒したりと特に大きな要素にはなってないもよう


487: 2016/12/29(木) 11:35:10.36
カグネの相性って単純に戦闘においてだよな?
長い剣だと短刀のほうが有利みたいな理屈で水属性と炎属性みたいな関係ではないよな?


493: 2016/12/29(木) 12:15:39.23
>>487
単純にそういう理由もあるけど
それぞれの赫子にはそれぞれに対する有利な毒的なものがあるっていう設定があったはず
もう既に忘れ去られてるけどな


521: 2016/12/29(木) 16:36:20.03
>>493
ちゃんとそういう設定あるのか
どっかで活かされてたシーンあったっけ
リゼ産とは言え生えたてでカグシャヤモリに勝ったのとかはそれが理由なんだろうか


495: 2016/12/29(木) 12:38:32.75
毒の設定は尾赫殺しのオウル羽赫ブレードで腹を抉られた六月がぴんぴんしてる時点で完全に消滅した


503: 2016/12/29(木) 13:01:09.00
篠原『「特別有効な毒」となるように出来ているらしい…』
あくまで"らしい"とよくわかっていないんだな

金木がドウジマ改で再生しなかったのは
赫包の損傷が激しかったからかもしれない
オニヤマダで斬られたときはムカデの赫包しかやられなかったのか
肉食べれたおかげか大したダメージになっていなかった
カネキ


507: 2016/12/29(木) 13:20:32.35
>>503
ドウジマ改は甲+尾の上ムカデ状態でも打ち合えたから多分尾が多めになってるだろうし、
そこにアラタの筋力増加も含めれば、ああなってもおかしくないのでは?


504: 2016/12/29(木) 13:03:02.23
六月が滝澤に貫かれたときは
赫包にノーダメージだったから再生できたのでは?


510: 2016/12/29(木) 14:16:16.28
赫包を移植してる以上、赫子の相性に縛られない訳がない
六月と滝澤の時だけ作者が相性を忘れていたで済む話


528: 2016/12/29(木) 17:05:50.35
もしかして六月の腹を貫いたのは素手で 
滝澤が赫子を出したのは毒霧後なんじゃ…


511: 2016/12/29(木) 14:31:45.50
ウタ(甲赫と思われる)がナゴミ(鱗赫)に
貫かれても平気にしてるのは話題にならないですね


512: 2016/12/29(木) 14:34:14.47
赫子の相性が強ければかならず勝つと言う設定あったっけ?
せいぜい多少有利になるくらいだと思っていたし
滝沢はあの時点でかなり疲労していたし血ぶー+金蹴りの不意打ちも効いてるだろ
強弱設定が絶対条件なのはゲームの中だけだよ


525: 2016/12/29(木) 16:48:00.42
>>512
相性属性は14巻の金木亜門第3戦で
非常に重要な要素だったじゃない


530: 2016/12/29(木) 17:12:00.59
>>525
相性自体はあってもそれが勝敗に直結するかってのは序盤のトーカvs月山で否定されてる
月山


529: 2016/12/29(木) 17:07:10.65
シラズの羽赫でオロチの尾赫が散らない
ハイセの鱗赫でオロチの尾赫が散る
なんてこともあるしね


531: 2016/12/29(木) 17:15:44.20
それにレート自体もCCGが結構適当に決めてて
CCGにどう観測されるかに左右する曖昧なものでしかないことも作中で描かれてる


引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/comic/1482503092/