A1X7A+a0DQL

563: 2019/09/12(木) 00:04:03
貴重な財布がーーーーーーーーーーーーーーっ!!

じゃなくて、鯉登少尉がーーーーーーーーーーーっ!!!!
杉元、お前何してくれてんねん!
少尉大好きな自分涙目やわ…。
杉元
出典:ゴールデンカムイ212話 野田サトル 集英社


570: 2019/09/12(木) 00:07:33
あれだけなんだかんだ仲良く旅してたのにお互いの躊躇のなさよ


567: 2019/09/12(木) 00:06:38
これは近づいた鯉登が悪いw


598: 2019/09/12(木) 00:16:18
杉元の毛が逆立つのは狩りの時の動物は体毛が逆立ってたら生きているから近づくなってアレだよな

 

622: 2019/09/12(木) 00:23:34
毛が逆立ってたらまだ近寄ったらダメ

って手負いの母羆みたいな


566: 2019/09/12(木) 00:06:31
バーサーカー状態で誰が誰やらわからなくなってたんだろうけど鯉登刺さなくてもよかったんじゃね
ってか月島が声かけなけりゃ避けられたんじゃね
あと素直に聞いてくれてのにってやっぱ鯉登のあれは演技で茶番なんだろうな


573: 2019/09/12(木) 00:08:23
昨日は素直に聞いてくれたのに…って
やはり鶴見中尉すご~~~~~い!!は演技だったんだな…


579: 2019/09/12(木) 00:10:14
刺されたところは心臓からずれてそうだけどどうなんだこれ。


585: 2019/09/12(木) 00:12:24
>>579
左肩下に軍刀が貫通したように見えるけど
後ろからのカットだと肺にいっているように見える。


586: 2019/09/12(木) 00:12:35
心臓のちょっと上あたりか?
人体に詳しいニシパおしえて!


587: 2019/09/12(木) 00:13:35
>>586
心臓は思ってるほど左にない


590: 2019/09/12(木) 00:14:18
宇佐美も相当重症なのに誰も心配してなくて草


594: 2019/09/12(木) 00:15:02
>>590
バックドロップされてる時の宇佐美の顔の崩れに笑うわ


600: 2019/09/12(木) 00:17:04
>>590
米俵(約60kg)ふたつも上から落とされると
普通の人は死ぬよねw
アシリパさん、もう遠慮なしだな。


658: 2019/09/12(木) 00:37:12
宇佐美だし大丈夫やろの精神


662: 2019/09/12(木) 00:38:56
宇佐美は手負いになっても壊れた人形みたいに襲いかかってきそうこわいよ


581: 2019/09/12(木) 00:11:18
どうでもいいことだけどサトル先生頬に刃物貫通する描写好きなんだろうか


652: 2019/09/12(木) 00:35:15
鯉登は急所外してる感じではあるから重症だが多分死にはせん
やけに弱々しいのは鶴見信奉が崩壊して気落ちしてるのもあんだろう
杉元はモロに腹に喰らったからこっちのが重症そう



661: 2019/09/12(木) 00:37:58
>>652
鶴見信奉者のままだったらアシリパさんにも軍刀向けてもっと脅すくらいやりそう
先週の月島も鯉登も鶴見が最優先という感じがない


597: 2019/09/12(木) 00:15:54
キロランケ戦で見せた闘志が微塵も感じられない鯉登
もっと焦っても良さそうなのに至極穏やかな顔で「いつも注意していたでしょう……」「昨日は素直に聞いてくれていたのに」と過去形で喋る月島

これアカンやつやんけ
月島
出典:ゴールデンカムイ212話 野田サトル 集英社


601: 2019/09/12(木) 00:17:07
>>597
若干やる気なさそーだよな
いつも戦闘の時はすごい気迫なのに


604: 2019/09/12(木) 00:19:07
>>601
鯉登は吹雪の中でなんだかんが心配してたり
それなりに親しいつもりだったんだろ……可哀想に


606: 2019/09/12(木) 00:19:23
>>604
「昨日の仲間は今日の強敵」って煽りじゃないけど先遣隊はみんな少しずつ油断してそう
月島鯉登谷垣はまさか二人が逃げると思わなかった
杉元アシリパさんは月島がまさか撃つとは思わなかった
鯉登は手負いの杉元に警戒しなかった


614: 2019/09/12(木) 00:21:01
杉元は月島に銃を向けられて驚いたというか反撃するのを躊躇した感じだな


693: 2019/09/12(木) 00:56:24
杉元も鯉登も現時点での負傷に関してはそんなに心配はしていない
淡々と追う鶴見がただただ怖い


615: 2019/09/12(木) 00:21:37
刺されてる鯉登完成スルーの鶴見中尉どんカッケーっす
鶴見
出典:ゴールデンカムイ212話 野田サトル 集英社


623: 2019/09/12(木) 00:23:45
>>615
めちゃくちゃわかるわ
個人的に鶴見はそれくらいの冷たさがある方が好きだ
でももしこれで月島とか菊田みたいな一緒に日露行ったやつだったらどんな反応したのかは気になる


618: 2019/09/12(木) 00:23:00
鶴見のあの目線と月島の反応が気になる
菊田にも追いかけろいわれても動かず
鯉登にも自分はいいからいわれても動かず
鶴見に気づいたものの目線合わせず鯉登の側から離れない月島に呆れてるような視線なんだろうか
月島はスルーしてんのか睨んでるのかあのコマだけじゃわからん


625: 2019/09/12(木) 00:24:04
鯉登を一瞥した鶴見を見る月島の目が怖いわ…


633: 2019/09/12(木) 00:27:50
月島あれは睨んでるのか
鶴見より鯉登の味方とは思えないけど、スルーした中尉に対して何を考える顔なんだろう


638: 2019/09/12(木) 00:29:20
>>633
軍曹はいつも意味ありげな表情して読者を悩ませるのが得意だから

てかほんと今までの鬼軍曹なら鯉登置いて追ってるだろ


645: 2019/09/12(木) 00:30:42
でもあおりは鶴見劇場をかぶりつきで~のくだりなんだよねぇ
思うところは色々あっても、月島は結局鶴見に従うんだろうな


631: 2019/09/12(木) 00:26:47
鶴見は鯉登の心が自分から離れつつあることにもう気づいちゃってるんだろうか
最後に一声「ここで死ぬな!」って声をかければ通常時の鯉登なら大喜びでふんばるだろうから声をかけない理由なんて無いはずだよね
それを一瞥スルーは…


641: 2019/09/12(木) 00:29:35
>>631
んでも気付かれたところで鯉登がどう動くかって確信してるのかね
月島みたいにネタバラシじみた事されても忠実になってくれそうって
確信できる奴には声かけるんじゃない?
意気消沈具合にこいつは使えないって判断したか?


665: 2019/09/12(木) 00:40:18
今後の鯉登のやる気スイッチは何になるんだろな


677: 2019/09/12(木) 00:45:31
>>665
そりゃ父上でしょうな
これ以上鶴見に関わっていたら危ないからおいが父上を守ると奮起してくれたらいいんだけどな

白石置いていかれたけどコッソリ二人を追ってるんだろうか
ゲンジロはどうするんだ


672: 2019/09/12(木) 00:43:44
「頑張れ杉元!! もう少しだッ」って最後に言ってるけど
怪我や追手の師団との距離感とか考えると逃げ切れる気がしない


564: 2019/09/12(木) 00:05:13
ゲンジロちゃんも言ってたけどフチ達の事とか考えないのかよー
谷垣
出典:ゴールデンカムイ212話 野田サトル 集英社


571: 2019/09/12(木) 00:07:42
ほんと谷垣からしたら何のために樺太まで来たんだってなるよな
てか白石はどうした


629: 2019/09/12(木) 00:26:04
ゲンジロが心配するまでもなくアシリパはフチの元には戻らないつもりなんだろな
逃げる先に当てがあると言うが既に樺太脱出の用意はしていたということか
さてどういう計画なのか


575: 2019/09/12(木) 00:08:57
フチ達の事考える余裕無さそうだな
アシリパさんはキロが自分達を連れてきた(舟)ルートで北海道に帰るつもりだろうか?


681: 2019/09/12(木) 00:48:20
白石はアシリパさんの逃走劇に絡んでいる気がする。
ゲロったタイミングとか、明け方にいきなり杉元に発破かけたりと
色々と不自然だったから。


694: 2019/09/12(木) 00:57:44
>>681
よく見たら白石ゲロ垂れる前から口をH型にしてゲロ貯めていたんだよな
そしてゲロに気を取られてるスキにアシリパが矢を装填
これ絶対計画通りだろ
あのフミエ先生に微妙にキャラ被ってるお姐さんも絶対只者じゃない


698: 2019/09/12(木) 00:59:07
>>694
一流スパイだったら胸熱


引用元:https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/comic/7090/1567838577/