71KbGXPtWZL

1: 2020/07/21(火) 11:41:50.61 
井上雄彦の『SLAM DUNK』は、『週刊少年ジャンプ』の1990年42号から1996年27号まで連載された、バスケットボール漫画の金字塔である。単行本の国内累計発行部数は1億2000万部以上といわれるこの怪物的ヒット作について、いまさらどんな内容かを説明する必要もないと思うが、念のために書いておくと、湘北高校に入学した不良少年の桜木花道が、ひょんなことからバスケットボール部に入部することになり、そこで才能を開花させていくある種のビルドゥングスロマン(成長物語)の傑作だ。

連載終了からおよそ四半世紀。いまなお、バスケットボール漫画といえば、この『SLAM DUNK』のタイトルを思い浮べる人も多いと思うが、なにゆえ同作はそこまでの絶対的な存在たりえたのか。それを本稿では考察してみたいと思う。

まず、考えられるのは、キャラが立っている、絵が良い、物語がよく練られている、ということだが、その条件を満たしている漫画なら他にもたくさんあるだろう。「友情・努力・勝利」という『少年ジャンプ』のヒットの法則(3大原則)を取り入れている点についても同様だ。漫画表現的には、例えば最終巻の湘北高校対山王工業戦における、セリフやナレーションを一切排除して絵だけで見せていく描写などはたしかに圧巻だが、その種の表現もそれまでのスポーツ漫画でまったくなかったわけではない(例えば、『がんばれ元気』の堀口元気対関拳児戦の描写などが、20 ページに渡りサイレントの表現で描かれている)。

また、三井寿の「バスケがしたいです……」から、桜木花道の「左手はそえるだけ」にいたるまで、さまざまな名ゼリフが心に残る作品でもあるが、それゆえにヒットしたのかと問われたら、それだけではあるまい、と答えるほかない。さらには、アニメ化で広く世に知られるようになったから売れた、という人もいるかもしれないが、そもそも原作がそれなりにヒットしていたからアニメになったわけであり、それ(=アニメ化)はあくまでも「より多く売れた要因のひとつ」程度に考えていたほうがいいと思う。

■「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている」
では、なにゆえ『SLAM DUNK』は、バスケットボール漫画を象徴するような絶対的な存在になりえたのか。それは、(文字に書いてしまえば当たり前のことのように思われるかもしれないが)同作以前にバスケットボールを題材にした漫画のヒット作がほとんどなかったためだと思われる。異論のある方もおられるかもしれないが、個人的には、『SLAM DUNK』以前のバスケットボール漫画のヒット作といえば、六田登の『ダッシュ勝平』くらいしか思いつかないのだが、こちらはどちらかといえばコメディ色の強い作品であり、あまり比較の対象にはならないだろう(ただし『ダッシュ勝平』は、最終章でいきなりシリアスな展開を見せるのだが)。

井上雄彦自身も、単行本の最終巻の「あとがき」でこんなことを書いている。

確かに連載開始当時はバスケットボール漫画は数えるほどしかなかったし、日本ではまだメジャーとはいいがたいスポーツでした。連載前のネーム(ちゃんとした絵を入れる前の絵コンテ)を作ってるときも編集者から「バスケットボールはこの世界では一つのタブーとされている。」と何度か聞かされました。コケるのを覚悟しろという意味です。(たぶん)
それでもバスケットボール漫画を描くということは、少なくとも自分にとってはごく自然なことでした。『SLAM DUNK』31巻(集英社/ジャンプ・コミックス版)より


つまり、井上が新連載を始めるにあたり、狙いを定めたのがほとんど誰も手をつけていない「穴場」的なジャンル――さらにいえば、彼にとって情熱を注ぐことのできるマイナーな題材だったからこそ、結果的にまだ誰も見たことのない「新しいジャンルの漫画」を開拓できた(そして、その「新しさ」がヒットにつながった)のだとは考えられないだろうか。

続きはソースをご覧下さい
https://realsound.jp/book/2020/07/post-588634.html 


965: 2020/07/21(火) 13:58:27.90
>>1
>確かに連載開始当時はバスケットボール漫画は数えるほどしかなかったし

まあダッシュ勝平は何漫画だか
よくわからんかったしな


102: 2020/07/21(火) 12:05:02.79
>>1
すでにディアボーイズ大人気だったはず
連載当初のギャグ路線からスポ根路線へのシフトはディアボーイズが
成功してたからじゃないの?

 

4: 2020/07/21(火) 11:44:06.47
スポーツの漫画なんか野球とサッカーに集中してたってだけ


36: 2020/07/21(火) 11:53:12.29
初期は不良マンガにも逃げられる作りになってたよーな


112: 2020/07/21(火) 12:05:56.30
>>36 
そうそう 
当時リアルタイムでジャンプ読んでて子供ながらにまた『ろくでなしブルース』みたいなのが始まったって最初は思ってた


10: 2020/07/21(火) 11:47:11.06
高校生スポーツ物なのに、ほとんど日常描写を省略してるのが面白いよね 
試合シーンだけだから古臭くならない


714: 2020/07/21(火) 13:08:12.85
>>10 
みんな私生活が謎だよなw 

火ノ丸相撲なんかも主人公の火ノ丸がかなりずっと得体のしれない存在だったし 
スポーツ漫画はあまり私生活を入れない方がいいってことなのかもなぁ


12: 2020/07/21(火) 11:47:32.98
1人1人魅力があれば売れるさ
7c72af48
出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社


55: 2020/07/21(火) 11:57:30.82
三井の話が終わってから 
ほんと一気に面白くなるよな


90: 2020/07/21(火) 12:03:07.27
バスケ漫画が少なかったのは昔から言われてたよね 
あと、タブーではないよね


133: 2020/07/21(火) 12:08:50.17
プロレス漫画が少なかったからキン肉マンもヒットしたんか


251: 2020/07/21(火) 12:20:28.77
今見ると意外にギャグシーンもあるのな。


255: 2020/07/21(火) 12:20:57.69
>>251 
吉田聡的なやつな


16: 2020/07/21(火) 11:49:14.48
この作品の特徴って主人公が1年で素人、主人公のいるチームが優勝しないっていう珍しいパターンだった 
主人公が素人だからバスケ知らなくても詳しく説明してわかりやすかったのがある


320: 2020/07/21(火) 12:25:43.59
>>16 
作者がバスケ経験者だからそういう所はクールに見てたんだろうな、そんなに上手くは行かないよって


18: 2020/07/21(火) 11:49:29.40
桜木が春にバスケ部に入ってから夏の終わりの半年くらいの話なんだっけ


161: 2020/07/21(火) 12:11:20.27
>>18 
え?そうなの?


356: 2020/07/21(火) 12:28:36.09
>>161 
1年生の時のインターハイまでだからな


39: 2020/07/21(火) 11:53:54.65
流川楓がかっこいい 
流川見るために読んでた
Bm1YZHvCEAAm0OT
出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社


621: 2020/07/21(火) 12:56:00.42
>>39 
ル・カ・ワ! 
ル・カ・ワ!


239: 2020/07/21(火) 12:18:56.08
>>39 
評論家はいろいろ理屈つけるけど 
キャラが立ってれば何だって読むんだよな


45: 2020/07/21(火) 11:55:14.73
ジョーダン1を主人公のシューズにしたのが先見の明があったな 
連載当時AJ1なんて一般的に人気なかったが今じゃ大人気モデル


295: 2020/07/21(火) 12:23:31.87
>>45 
5と6の方が人気あったけど1も人気あったよ既に高かったから履ける人が限られてただけ


84: 2020/07/21(火) 12:02:41.98
スラムダンクとNBAブームはどっちが先なんだろ?


177: 2020/07/21(火) 12:12:50.73
>>84 
マイケルジョーダンが話題になり始め 
NBAブームが日本で起き始めるタイミングで連載開始 
追い風に乗ったのもあるけど 
スラムダンク自体が日本でのバスケ人気を上げたのもある 
1990年連載開始がJordan5の発売の年で劇中にも登場 
日本のスニーカーブームでその後スニーカーが高騰し 
エアマックス95でピーク 
90年代末まで続く 

今もJordan4がリメイクされ人気、プレミアになってる


191: 2020/07/21(火) 12:14:21.27
>>177 
ハイテクスニーカーブーム懐かしい


111: 2020/07/21(火) 12:05:49.83
マイケルジョーダンやデニスロッドマンのスタープレーヤー 
その他オリンピックの代表がプロで固められたり 
バスケ人気も上がってきたのがタイミング良かったかも


51: 2020/07/21(火) 11:57:07.08
スラムダンク読んでバスケ始めたって他誌で台詞入れた方がスゴくね


64: 2020/07/21(火) 11:58:55.02
>>51 
あひるか 
まあアホほどいるしなぁ


67: 2020/07/21(火) 11:59:38.41
スラムダンクはマンガ夜話ではなかなかのフルボッコ具合だったな、嫉妬もデカかったんだろうけど


147: 2020/07/21(火) 12:10:06.52
>>67 
フルボッコじゃなかったけど何を見てたんだ? 
参加者5人中漫画家は2人だったけど普通に評価してたぞ 

司会のおっさんは好きじゃないとか言ってたけど漫画家じゃないし 
ラグビーのシャツ来てラグビーの話してたから明らかに他のスポーツ見下すタイプだな


725: 2020/07/21(火) 13:09:17.20
>>147 
マンガ夜話っていしかわさんを筆頭にきっぱり言うから過剰に伝わりがちだけど 
実際見てみると案外褒めてたりするのよねw 
鳥山に関してもアラレちゃんは激賞してたし 
ただスラムダンクに関してはいしかわさんも一条先生もあの終わり方はプロとしてないとは言ってたけどw


89: 2020/07/21(火) 12:03:05.22
牧紳一の凄さがまったく伝わらない
bd66f650d94976edab3e225ce2cb26d8
出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社


600: 2020/07/21(火) 12:53:28.42
>>89 
老け顔もそうだが、「本当に高3か」ってくらいの技術と経験値、リーダーシップ 
翔陽の藤間が選手兼監督やってたが、海南の牧で見たかった 

今考えたら、高頭は邪魔


283: 2020/07/21(火) 12:22:28.62
>>89 
それ言ったら藤真の方が全然凄さが分からん…。 
ちなみに山王の深津も比較的叩かれてるけど 
バスケやってた人間だと深津の凄さは分かる。 
あのスタイル大好きだわ。


390: 2020/07/21(火) 12:32:12.40
>>283 
顔がダントツイケメン


98: 2020/07/21(火) 12:04:37.04
スラダンは名言が多いよな 
茂一のやつとかかっこいいわ
8d59938067c4e1e8ddc6
出典:SLAM DUNK 井上雄彦 集英社


101: 2020/07/21(火) 12:05:02.19
茂一、人間臭くていいよなー


216: 2020/07/21(火) 12:16:16.54
>>101 
同感。安西先生と並んで好きな監督だわ 
インターハイ神奈川予選の陵南対湘北はたまらない


154: 2020/07/21(火) 12:10:48.60
アニメの出来が意外と良かったからだな


178: 2020/07/21(火) 12:12:52.75
>>154 
OPとED補正じゃないか? 曲は最高だった。


190: 2020/07/21(火) 12:14:15.15
先例がないものを避けがちな国民性だし 
新しいジャンルを生み出した作品は偉大だよな 
キャプテン翼とかもそう


196: 2020/07/21(火) 12:14:58.16
>>190 
あの頃に真剣にワールドカップがどうの言ってたのが凄いわな


65: 2020/07/21(火) 11:59:15.24
やっぱ画力と躍動感なんだよなあ 
その後どんなスポーツ物の漫画みてもつまらなくなるほど


75: 2020/07/21(火) 12:00:58.13
ぶっちゃけ井上武彦ほど才能あればなにやっても成功したんだよ 
画力・構成力がずば抜けてればタブーもくそもない


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1595299310/